Being In It for the Species The Kolbrin Bible Complete Danjeon Breathing System Home Study System

Author Topic: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報  (Read 3615 times)

nigelblondon

  • Guest
The Fukushima Daiichi nuclear disaster (福島第一原子力発電所事故

The plant comprises six separate boiling water reactors originally designed by General Electric (GE), and maintained by the Tokyo Electric Power Company (TEPCO). At the time of the quake, Reactor 4 had been de-fuelled while 5 and 6 were in cold shutdown for planned maintenance.
 The remaining reactors shut down automatically after the earthquake, and emergency generators came online to control electronics and coolant systems. The tsunami broke the reactors' connection to the power grid and also resulted in flooding of the rooms containing the emergency generators. Consequently those generators ceased working and the pumps that circulate coolant water in the reactor ceased to work, causing the reactors to begin to overheat. The flooding and earthquake damage hindered external assistance.
In the hours and days that followed, reactors 1, 2 and 3 experienced full meltdown. As workers struggled to cool and shut down the reactors, several hydrogen explosions occurred. The government ordered that seawater be used to attempt to cool the reactors—this had the effect of ruining the reactors entirely.  As the water levels in the fuel rods pools dropped, they began to overheat. Fears of radioactivity releases led to a 20 km (12 mi)-radius evacuation around the plant, while workers suffered radiation exposure and were temporarily evacuated at various times. Electrical power was slowly restored for some of the reactors, allowing for automated cooling.
Japanese officials initially assessed the accident as Level 4 on the International Nuclear Event Scale (INES) despite the views of other international agencies that it should be higher. The level was successively raised to 5 and eventually to 7, the maximum scale value. The Japanese government estimates the total amount of radioactivity released into the atmosphere was approximately one-tenth as much as was released during the Chernobyl disaster. Significant amounts of radioactive material have also been released into ground and ocean waters. Measurements taken by the Japanese government 30–50 km from the plant showed radioactive caesium levels high enough to cause concern,  leading the government to ban the sale of food grown in the area. Tokyo officials temporarily recommended that tap water should not be used to prepare food for infants.
A few of the plant's workers were severely injured or killed by the disaster conditions resulting from the earthquake. There were no immediate deaths due to direct radiation exposures, but at least six workers have exceeded lifetime legal limits for radiation and more than 300 have received significant radiation doses. Future cancer deaths due to accumulated radiation exposures in the population living near Fukushima have ranged from none  to 100  to a non-peer-reviewed "guesstimate" of 1,000.  Fear of ionizing radiation could have long-term psychological effects on a large portion of the population in the contaminated areas. On 16 December 2011 Japanese authorities declared the plant to be stable, although it would take decades to decontaminate the surrounding areas and to decommission the plant altogether.

植物はもともとゼネラル·エレクトリック(GE)によって設計された6つの独立した沸騰水型原子炉を含み、東京電力株式会社(TEPCO)によって管理されています。 5と6は、計画的なメンテナンスのために冷態停止にあった間に地震の時に、原子炉4はド支えていました。
 残りの原子炉は地震後に自動的にシャットダウンされ、非常用発電機は、エレクトロニクスと冷却システムを制御するためにオンラインになった。津波は、電力グリッドに原子炉 '接続を破って、また非常用発電機を含む部屋の氾濫をもたらした。したがって、これらのジェネレータは、作業を終え、原子炉に冷却水を循環させるポンプは、原子炉が過熱し始めることを引き起こして、作業を中止した。洪水や地震被害は、外部の援助を妨げた。
続いて時間と日に、原子炉1、2と3は完全にメルトダウンを経験しました。労働者が原子炉を冷却してシャットダウンするのに苦労したように、いくつかの水素の爆発が発生しました。政府は、海水を冷却しようとする原子炉を、これは完全に原子炉を台無しにする効果を持って使用することを命じた。燃料棒プールの水のレベルが落ちたように、彼らは過熱し始めた。労働者が放射線被ばくを受け、一時的に様々な時点で避難した一方、放射能放出の懸念は、工場周辺の20キロ(12マイル)の半径避難につながった。電力は徐々に自動化された冷却を可能にする、原子炉の一部の復元されました。
日本政府は当初、それは高くなるべきであること、他の国際機関の見解にもかかわらず、国際原子力事象評価尺度(INES)のレベル4等の事故を評価した。レベルが連続して最大のスケール値は、5に、最終的に7〜育ちました。日本政府は、大気中に放出される放射能の総量は約10分の1くらいチェルノブイリ事故時に放出されたようであったと推定している。放射性物質のかなりの量にも地上と海の水に放出されています。工場から日本政府が30〜50キロで撮影した測定では、政府が地域で栽培食品の販売を禁止につながる、懸念を引き起こすのに十分高い放射性セシウムレベルを示した。東京の職員は一時的に水道水を乳児用食品を準備するために使用されるべきではないことをお勧めします。
工場の労働者の数は、重傷を負ったり、地震に起因する災害の状況によって殺された。そこに直接の放射線被ばくに起因する即時の死亡はなかったが、少なくとも6つの労働者は、放射線の有効期間の法的制限を超えており、300人以上が重要な放射線量を受けています。福島の近くに住む住民の累積放射線被ばくに起因する将来のがんによる死亡は1,000の非査読 "推量"になしから100の範囲であった。電離放射線の恐怖は、汚染地域の人口の大部分の長期心理的な影響を及ぼす可能性があります。上の2011年12月16日、日本の当局は、それが周辺地域を除染するために何十年もかかると完全に廃止工場になるものの、安定しているように植物を宣言した。

nigelblondon

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #1 on: April 20, 2012, 05:53:27 AM »
April 20, 2012

Mounting troubles at Japan’s hobbled Fukushima Dai-Ichi nuclear power plant now pose a real threat to human survival. If the area in which Unit 4 is struck by another 7.0 magnitude earthquake, there’s a 70 percent chance that “the entire fuel pool structure will collapse” and massive doses of lethal nuclear radiation will be released into the atmosphere. The disaster would release approximately “134 million curies is Cesium-137 — roughly 85 times the amount of Cs-137 released at Chernobyl as estimated by the U.S. National Council on Radiation Protection (NCRP).” Experts believe that the amounts are sufficient to “destroy the world environment and our civilization”, which makes containment “an issue of human survival.” (“The Greatest Single Threat to Humanity: Fuel Pool Number 4″


2012年4月20日

日本の足を引きずり福島第一原子力発電所での取り付けのトラブルは今人類の生存に対する真の脅威となっている。ユニット4の領域は別の7.0の地震に襲われている場合は、"全体の燃料プールの構造は崩壊する"と致命的な核放射線の大量投与が大気中に放出されることが70パーセントの確率ではありません。災害は "セシウム137です1.34億キュリーを - として放射線防護に関する米国評議会(NCRP)により推定チェルノブイリで放出Cs-137の約85倍の量"を約放出する専門家は金額が"に十分であると信じている。燃料プール番号4 ":世界の環境と人間の生存の問題"​​封じ込めを行い、"我々の文明を"( "人類の最大の単一の脅威を破壊

nigelblondon

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #2 on: April 20, 2012, 06:00:55 AM »
Update from greenpeace.

State of the Reactors

TEPCO announced that nitrogen gas injection into reactors #1, #2, and #3 stopped unexpectedly for nearly nine hours this week. Workers are continuing to inject nitrogen into the crippled reactors in order to prevent more hydrogen explosions; failure to do so could be exceedingly dangerous. However, TEPCO officials said that hydrogen levels remained stable, and there was no increased risk of explosion. This is the fourth time that nitrogen injections have failed in the last six weeks.
A second thermometer has broken in Fukushima Daiichi’s reactor #2, leaving only one working temperature sensor. According to officials it will take up to 10 years to remove molten fuel from the reactor vessel, and temperature monitoring is crucial to ensuring that another meltdown doesn’t occur. Normally, thermometers and other equipment are tested and often replaced every 13 months. However, extremely high radiation levels are preventing workers from getting close enough to the reactor to perform repairs. Experts are concerned that the one remaining temperature gauge will not last 10 years, and are worried about overall stability of the reactors, as well as TEPCO’s ability to monitor their safety.
TEPCO discovered that a 35-ton crane fell into the spent fuel pool at reactor #3 of the Fukushima Daiichi plant, along with significant amounts of debris, and is resting atop fuel storage racks beneath the water. Utility officials, who were using a camera to explore the interior of the pool, believe that the fall occurred during hydrogen explosions last March. The crane, in addition to other debris, will need to be removed from the pool before fuel is removed and the reactor can be decommissioned. Experts expect the process to be challenging.

Contamination

Officials from Miyagi Prefecture have discovered high levels of radioactive cesium in Yakon tea, a beverage made from root vegetables that is consumed for its healthful effects. Samples measured 17,200 Bq/kg, 172 times the legal limit for cesium. Over 1,000 packages were sold online and in stores, under the brand name GOLDbrand. The company has issued a voluntary recall, and prefectural officials are testing other brands of the tea.

グリーンピースから更新されます。

原子炉の状態

東京電力は、原子炉#1、#2に、窒素ガスの注入を発表し、第3位は、ほぼ9時間今週は予期せず停止しました。労働者はより多くの水素爆発を防ぐために不自由な原子炉内に窒素を注入し続けている。そうする失敗は非常に危険である可能性があります。しかし、東京電力の職員は、水素濃度が安定していると言って、爆発のリスクの増加はありませんでした。これは、窒素の注入は、最後の6週間で失敗したこと4度目だ。
第二温度計は1つだけの作業温度センサーを残して、福島第一の原子炉#2で壊れてしまった。当局者によれば、原子炉容器から溶融燃料を削除するには、10年までかかり、温度監視は、別のメルトダウンが発生しないことを保証するために重要である。通常は、温度計やその他の機器は、テストされており、多くの場合、すべての13ヶ置き換えられます。しかし、非常に高い放射線レベルは、修理を実行するために、原子炉の近くに十分ななってから労働者を妨げている。専門家は、1の残りの温度計は10年続かないことを懸念しており、全体的な原子炉の安定性、ならびにそれらの安全性を監視する東京電力の能力を心配している。
東京電力は、35トンクレーンが残骸のかなりの量とともに、福島第一発電所の原子炉#3で使用済燃料プールに落ちたことを発見し、水の下にある燃料貯蔵ラックの上に休んでいる。プールの内部を探索するカメラを使用していたユーティリティの職員は、秋には昨年3月に水素爆発時に発生したと信じています。燃料が削除され、原子炉が廃止される前に、クレーンは、他の破片に加えて、プールから削除する必要があります。専門家は、プロセスが困難なことを期待しています。

汚染

宮城県から職員がYakon茶は、その健康的な効果のために消費されているルートの野菜から作られた飲料では放射性セシウムの高レベルのを発見しました。サンプルは17200 Bq / kgで、セシウムのために172倍の法的限界を測定した。 1,000を超えるパッケージがブランド名GOLDbrandの下で、オンラインと店舗を売却された。同社は自主回収を発行しており、県の職員は、お茶の他のブランドをテストしています。

nigelblondon

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #3 on: April 25, 2012, 03:49:36 PM »
敦賀ハァハァプラント炉2は、これらすべての年活断層の上に座ってされている可能性があり

Tsuruga Nuke Plant Reactor 2 May Have Been Sitting on Top of Active Fault All These Years

As the mayor of Tsuruga City was strongly promoting nuclear power generation in the county in China that has a nuclear power plant with 6 operating reactors and 4 under construction, the Nuclear and Industrial Safety Agency warned the operator of Tsuruga Nuclear Power Plant that Reactor 2 of the plant may be sitting on an active fault.

Even in Japan, the national guideline is not expecting a reactor to be built on top of an active fault.

Reactor 2 of Tsuruga Nuclear Power Plant is a pressurized water reactor made by Mitsubishi Heavy Industries. Reactor 1 is a light water reactor by GE. Tsuruga's Reactor 2 was considered to be one of the better made PWRs in Japan. Both reactors have been shut down for regular maintenance.

Construction of Reactor 2 started in 1982, and the reactor started operation in 1987.

Two more reactors are being built at Tsuruga Nuke Plant. The reactors will be Advanced Pressurized Water Reactors (APWR) by Mitsubishi Heavy Industries. If they proceed with the construction, that is.

From NHK News (4/25/2012):
敦賀原発“活断層”で再調査へ

"An active fault" at Tsuruga Nuclear Power Plant to be studied again

福井県にある敦賀原子力発電所の地下を走る亀裂が活断層の可能性があると専門家が指摘したことを受けて、日本原子力発電は改めて現地調査を行うなどして対応を検討することにしています。

An expert has pointed out the possibility that cracks that run under Tsuruga Nuclear Power Plant in Fukui Prefecture are active faults. The Japan Atomic Power Company (JAPC) is going to do the survey again and come up with the plan.

福井県敦賀市にある日本原子力発電の敦賀原発では、24日、活断層の専門家や原子力安全・保安院の担当者らが敷地内の地層が露出している地点を調査し、地中にある「破砕帯」と呼ばれる亀裂の状態を調べました。

On April 24, an expert in active faults and officials from the Nuclear and Industrial Safety Agency (NISA) studied the area where the strata are exposed at JAPC's Tsuruga Nuclear Power Plant in Tsuruga City in Fukui Prefecture. They particularly looked at the crack called "fracture zone".

その結果、専門家は2号機から西に150メートルほど離れた地中を走る亀裂について、「活断層の可能性があり、敷地内を走る浦底断層という活断層と連動して、地震の揺れが想定より大きくなる可能性がある」と指摘しました。

As the result, the expert pointed out that the crack that runs underground at about 150 meters west of Reactor 2 "may be an active fault, and it may move together with the active fault called Urazoko Fault that runs through the compound, making the shaking from an earthquake bigger than anticipated".

また、2号機の真下を走る別の亀裂についても活断層の可能性があるかどうか調べる必要があるとして、保安院は日本原電に対し、再調査を行うよう指示しました。

There is another crack that runs right beneath Reactor 2. It needs to be studied to determine if it is also an active fault. NISA has instructed JAPC to do the survey again.

国の耐震設計の指針では活断層の真上に原発の重要な設備を設置することは想定されておらず、2号機の真下の亀裂が活断層であった場合、2号機は運転が再開できなくなる可能性が出てきます。

The guideline for seismic design by the national government does not expect having an important facility of a nuclear power plant right above an active fault. If the crack beneath Reactor 2 turns out to be an active fault, there is a possibility that JAPC cannot restart the reactor.

これを受けて、日本原電は、近く国の原子力安全・保安院に調査の計画を報告したうえで、改めて現地で地層などの調査を行うなどして今後の対応を検討することにしています。

JAPC will report to NISA shortly with the plan for the survey, and will study the strata to decide what to do.

日本原電は「調査の結果によっては想定している最大の地震の揺れや原発の耐震性など、さまざまなことに影響するので慎重に調べたい」と話しています。

JAPC says, "The result of the survey may affect various issues such as expected maximum earthquake and seismic stability of the plant. We would like to proceed very cautiously."

Endtimesgal_2012

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #4 on: April 25, 2012, 06:09:35 PM »
Thank you for this most important information.

nigelblondon

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #5 on: April 26, 2012, 02:28:16 AM »
Tepco's agenda for cleaning up the mess!!!


Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #6 on: April 30, 2012, 03:03:20 AM »
鳥は福島県でどのように汚染された





先日、森敏先生から以前お願いしていたラジオオートグラフの写真が届いた。
私が飯舘村で昨年12月に採取してきたウグイスの死骸だ。
やはりだいぶ被曝していた。

ウグイスの被曝の状況を映像化したものだ。
カラーはサンプルの写真。
モノクロのレントゲン写真のようなものがラジオオートグラフ。
黒い点々としたものがCs137の放射線がでているため黒くなった。
羽の部分は表面に付着したもの、腹の部分の黒くなったところはお腹の内部から放射線がでている。
汚染した虫などを食べたことで食物連鎖で濃縮されたものと思われる。
これはお腹側を羽を広げて撮影したものだ。
1枚の写真を撮影するために要した感光時間は一ヶ月。
提供;森敏先生

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #7 on: May 11, 2012, 11:10:35 PM »
Is Tokyo Bay becoming a radioactive hotspot?

東京湾では、放射性ホットスポットになってきている?





May 11, 2012 – JAPAN – Prof. Yamazaki from Kinki University analyzed the cesium in sea ground of Tokyo bay on 4/2/2012. He found out it increased since last August. The samples were taken at 3 locations in Tokyo bay, near Arakawa River Tokyo and Urayasu Chiba.

2012年5月11日 - 日本 - 近畿大学教授山崎2012年4月2日に東京湾の海の地面にセシウムを分析した。それは昨年8月から増加したアウト彼が見つかりました。サンプルは、荒川、東京と千葉県浦安市の近くに東京ベイの3カ所、で撮影されました。


Report show levels of radioactive contamination have risen dramatically since 2011.

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #8 on: May 16, 2012, 11:57:43 AM »
論評/福島プローブは、東京電力が実行しようとしたかどうかを明確にしなければならない

東京電力は、すべての会社の労働者が昨年の事故の重要な段階で、福島第1原子力発電所を避難できるようにするために政府関係者に尋ねるか、それをしなかったのですか?

その質問には、明確かつ決定的に答えなければなりません。それが答えされておらず、会社と役員との間の関連の交流の内容は完全に明らかにされていない場合は、災害の調査では、怪しげな利点があったし、将来的に原子力発電所を動作させるための日本の適合性は問題にもたらされるだろう。

担当者は、避難や施設で原子力発電所または作業を継続上の​​放棄コントロールの間で選択を行う必要がありますので、重大な原子力事故は、植物の事件の他のタイプとは根本的に異なります。

その下に放射性広大な面積にわたって汚染と労働者の生活との間の選択に沸騰する。

主要な爆発が1986年にチェルノブイリ原子力発電所を襲った時、そこに担当の職員がちょうどそのような巨大な意思決定に直面していました。その結果、炎を消火するために呼び出された約30消防士は急性放射線症と他の原因で死亡した。

日本では、中央政府と電力会社は、以前はそのような重大事故がここに発生しないという神話の後ろに隠れてすることにより、この問題の議論を避けた。

昨年の事故は日本政府にちょうどそのような選択肢を提示した。

主要な事故の可能性を考えるに失敗すると、担当者を悩ませ戻ってきて、事故直後に故障に貢献した。

決定は福島工場のサイトからすべての東京電力の労働者を避難させるためになされた場合には、はるかに広い領域がもたらしたであろう放射線、さらに困難な状況で汚染されていました。

事故後一年以上、実際にそれらの重要な交流で何が起こったのか完全な事実が現れていない。

5月14日、勝俣恒久、東京電力会長は、国会の福島原子力事故の独立調査委員会の前に呼ばれていました。彼は言った: "大統領は事故に対処するための責任があり、プラントマネージャーが現場で最高司令官です。"

孝清水、事故時の東京電力の社長、吉田昌夫、その後福島工場のマネージャは、真実を明らかにする鍵を握ることを意味します。

東京電力は、証人のために国会の要求に協力し、このような東京電力本社、福島工場の間で、その電話会議システム上での交流などの情報を提供する必要があります。

中央政府が真実を発表し、東京電力かどうかをめぐる議論に退化する福島第1工場から撤退する計画があるかどうかの問題を許可せずに原子力発電所の操業の再開を強行すれば国民の信頼は失われますまたは会社の幹部は、このような要求を行っていない。

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #9 on: May 17, 2012, 04:22:27 AM »
福島県須賀川市の公立岩瀬病院の三浦院長が行った健康診断によると、須賀川市内の仮設住宅に住む小学生以下の子ども十人のうち六人が糖尿病になっていることが分かりました。三浦院長は異常事態、とコメントするものの、運動不足やストレスが原因と推測しています。

ストロンチウム90は半減期64時間のイットリウム90にベータ崩壊します。純粋なストロンチウム90は徐々にイットリウム90の比率を増やし、およそ一ヶ月で放射平衡になります。その結果、ストロンチウム90とイットリウム90は3900:1を定常的に保ちます。 このイットリウム90はすい臓に蓄積し、すい臓がんや糖尿病を引き起こすことが分かっています。

三浦院長はまた、子供たちの精神状態を心配していますが、公立岩瀬病院はスタッフ不足から医師、薬剤師などの職員を募集しています。また、日本で一番長寿のまちをつくるというスローガンを掲げています。

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #10 on: May 17, 2012, 08:07:53 AM »
千葉 屋内栽培のシイタケで基準超

千葉県山武市で、原木を使って施設の屋内で栽培されたシイタケから国の基準を超える放射性セシウムが検出され、千葉県は原木が原因とみて調べています。

千葉県によりますと、14日、山武市の生産者のシイタケを検査したところ、国の基準の1キログラム当たり100ベクレルを超える220ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
千葉県では、これまでに8つの市で原木を使って露地栽培されたシイタケの出荷が制限されていますが、施設で栽培されたシイタケが国の基準を超えたのは県内では初めてだということです。
県は、この生産者が原発事故のあとに県外の業者から仕入れた原木が原因となった可能性もあるとみて詳しく調べるとともに、施設で栽培されたものであっても原木を使って栽培したシイタケは出荷を自粛するよう山武市の生産者に要請しました。

Nigel Beardsley

  • Guest

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #12 on: May 30, 2012, 02:27:54 PM »
アルファ線検知 石川県小松空港

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MN4GtROvQgE

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #13 on: June 13, 2012, 08:27:39 AM »
防護服で田植え



防護服姿で田植え 大熊町で試験作付け
東京電力福島第1原発事故で全域が警戒区域に指定されている福島県大熊町は12日、放射性物質が農作物にどの程度取り込まれるか調べるため、コメや野菜の試験作付けを町内で始めた。場所は第1原発から南西に約6kmの住宅地の一角。4m四方の田と畑でコメと野菜をそれぞれ育て、収穫後に汚染濃度を調べる。表土を約5cmはいだ隣の田畑でも、同様に作付けをして除染の効果を確認する。12日午前、町職員らが防護服姿で水田に入って苗を手で植え、畑をくわなどで耕してニンジンやホウレンソウなどの種をまいた。 写真=12日午前、防護服姿で水田に入り、苗を植える福島県大熊町の職員ら

http://fukushima-diary.com/2012/06/rice-planting-in-protective-clothing/
« Last Edit: June 13, 2012, 08:31:11 AM by Nigel Beardsley »

Nigel Beardsley

  • Guest
Re: Fukushima all info here, ここ福島県のすべての情報
« Reply #14 on: June 16, 2012, 10:34:52 AM »
東京電力は14日、福島第一原子力発電所の高濃度汚染水の除染装置(仏アレバ社製)から汚染水3トンが漏れた、と発表した。

漏えいか所の特定を進めているが、外部への流出はないという。

東電によると、同日午前7時頃に除染装置の異常警報が鳴って、運転を停止。作業員が確認したところ、装置のある建屋1階の床に濃度の低い汚染水3トンがたまっていた。1立方センチ・メートルあたり440ベクレルの放射性セシウムが検出された。

除染装置は運用を停止していたが、5月21日から装置配管内の放射性物質を取り除くために循環運転を行っていた。

(2012年6月14日19時52分 読売新聞)

 

Surviving the Planet X Tribulation: A Faith-Based Leadership Guide

Surviving the Planet X Tribulation: A Faith-Based Leadership Guide

This uplifting and entertaining guide is written to give you, the reader, confidence and hope through effective leadership techniques and survival community strategies designed for an extended tribulation. Learn more...

Advertise

Marshall's Motto

Destiny comes to those who listen, and fate finds the rest.

So learn what you can learn, do what you can do, and never give up hope!